人間ドック基本検査以外にご希望により次のような検査が追加実施(別途料金)できます。
1 婦人科検診(子宮頸部細胞診 ※経膣超音波(エコー)診断) 【2,700円】 
※エコー検査とセット【4,860円】
子宮頸部の細胞診による子宮頸がん検査です。尚、子宮筋腫や卵巣腫瘍をチェックするため、経膣超音波診断も併せて実施できます。
2 乳腺超音波検査 【3,240円】
乳房の超音波画像により乳がん・乳腺症などの有無を判定いたします。
3 マンモグラフィー(乳腺X線検査 1方向撮影) 【2,808円】
マンモグラフィー(乳腺X線検査 2方向撮影) 【3,996円】
ごく少量のX線を乳房にあて撮影します。乳腺超音波検査の補完検査として有効である為、特に50歳以上の方や40歳以上で乳がんの家族歴・既往歴を有する方には、超音波検査との併用受診をお勧めいたします。
4 胃がんリスク評価(ABC分類) 【3,240円】
胃がんの原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が深く関与することが分かりました。さらに、除菌によって胃がんの多くを予防できることも分かってきました。当検査は血液検査により胃にH・ピロリ菌がいるかどうか(H・ピロリ抗体検査)と胃粘膜萎縮の程度(ペプシノゲン検査)を調べることができます。

※人間ドックを受診の当該年度内35・40・45・50・55・60歳の方は特別料金1,836円にて受けられます。
5 歯科口腔検診 【3,240円】
歯科口腔外科医(高知大学医学部歯科口腔外科)による診察と歯牙・顎(あご)のパノラマX線検査によって、舌がん等口腔内腫瘍・粘膜疾患・顎関節疾患・歯牙う蝕・歯周病などの有無をしらべます。
6 C型肝炎検査 【1,296円】
血液検査によりC型肝炎ウイルスに対する抗体の有無をしらべ、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうか検査します。C型肝炎は肝硬変・肝がんへと進行する場合がありますので、一度検査されることをお勧めいたします。
※人間ドック初診の方は、標準検査(無料)として実施致します。
7 前立腺腫瘍マーカー 【1,296円】
血液検査により腫瘍マーカー(PSA)の量を検査することが、前立腺がんの発見に有効とされています。特に男性は50歳頃から前立腺が肥大してくる方がおられますので、検査しておかれるとよいでしょう。
また、希望により医師の触診(直腸内)も行います。
8 血圧脈波検査 【2,160円】
動脈硬化度を知る1つの指標となる検査です。両手と両足首4ヶ所の血圧を同時に測定し、わずかな時間で血管の硬さや血管の詰まりなどを調べることができます。
9 胸部マルチスライスCT
          ※肺がん検診にもっとも有効な検査です。
【5,940円】
体の廻りをらせん状に高速で回転し、撮影する最新のX線CT装置で、従来の胸部X線とは異なる方向から、任意の厚さに断面(体軸方向に輪切り)写真を撮ることができるというものです。
このマルチスライスCT検査は、現状における治癒可能な小さな肺ガンを見つける、先駆的な、最も有効な検査法であるといわれております。

  ※検査を受けていただきたい方
    40歳以上の方:中でも   
  ●肺がんの高危険群と言われる50歳以上で喫煙指数が
    600以上の方
      【喫煙指数=喫煙本数(1日)×喫煙年数】
  ●咳や痰が続いたり、血痰がでる方
  ●粉塵、排ガス等を多く吸引する場所で働く方
10 脳ドック   ※最新MRI装置と専門医による診断 【17,280円】
MRI装置(磁気共鳴断層撮影装置)により、将来発症する恐れのある脳の病気を、自覚症状のない発症前に見つけ予防に役立てようとする最も有効な検診です。
※上記料金は全て消費税8%を含んだ金額です。