1 子宮頸部細胞診  3,960円
子宮頸部の液状化検体細胞診です。(体がんの診断はできません。)

悪性度の高い卵巣がん等の卵巣腫瘍の早期発見は、産婦人科医の診察だけでは難しい為、婦人科超音波を受けられる事をお勧めいたします。

HPV検査は、子宮頸がんの発症原因であるヒトパピローマウイルスの感染の有無を調べる検査です。HPV検査は細胞診と併用受診することで、より詳しく子宮頸がんの危険性を調べることができます。

【HPV検査について】
30歳未満の女性(一過性のウイルス感染が多いため)及び70歳以上の女性の受診は、関連学会において推奨されていません。


※ご希望の場合は問診票を必ずご記入の上、健診当日お持ちください。
2 子宮頸部細胞
婦人科超音波検査
6,160円
3 子宮頸部細胞診
HPV検査
7,920円
子宮頸部細胞診
婦人科超音波検査
HPV検査
10,120円
5 乳房超音波検査
(エコー検査)
 
3,300円  乳房超音波断面画像により乳がん・乳腺症
などの有無を判定いたします。
6 マンモグラフィ
(乳房X線1方向撮影) 
3,410円
乳がん検診の基本となる検査です。40歳代の方は2方向の
撮影を、50歳以上の方は1方向の撮影をお勧めいたします。
超音波検査との併用受診がより有効と考えられます。


※授乳中の方は検査ができない場合がありますのでご注意ください。
※ご希望の場合は問診票を必ずご記入の上、健診当日お持ちください。
7 マンモグラフィ
(乳房X線2方向撮影) 
4,400円
8 歯科口腔検診
3,300円  専門医による診察とX線検査により、舌がんなどの口腔腫瘍・
粘膜疾患・あごの関節の異常・あごの骨の中の疾患・むし歯・
歯周病などの有無を調べます。
また希望により口臭測定も行います。

※希望によりブラッシング指導や唾液検査を実施いたします。
9 C型肝炎検査 人間ドックの方
1,320円
  C型肝炎ウイルスに感染したことがあるかどうかがわかる血液検査です。C型肝炎は肝硬変・肝がんへと振興する場合がありますので、一度検査されることをお勧めいたします。

※人間ドックを初めて受診される方、及び人間ドックを受診される方で当検査を過去に一度も受けたことのない方はご希望により無料で実施いたします。
その他の健診の方
2,429円
10 前立腺腫瘍マーカー 人間ドックの方
1,320円
 
 血液検査により腫瘍マーカー(PSA)の量を
検査することが、前立腺がんの発見に有効とされ
ています。50歳以上の方には特にお勧めいたします。
その他の健診の方
2,429円
11  胸部
 マルチスライスCT
6,050円   高速らせんCT(コンピューター断層撮影)は、微細
な早期肺がんの発見・肺気腫等の診断に最も有効な
検査とされています。40歳以上の方、特に喫煙習慣
のある方には受診をお勧めいたします。

※人間ドックを受診の当該年度内55歳・60歳の方は標準検査となり無料で実施いたします。
12 胃がんリスク評価
(ABC分類)
3,300円 胃がんの原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が深く関与することがわかりました。当検査は血液検査により胃にH・ピロリ菌がいるかどうか(H・ピロリ抗体検査)と胃粘膜萎縮の程度(ペプシノゲン検査)を調べることができます。

※人間ドックを受診の当該年度内35・40・45・50・60歳の方は特別料金1,836円にて受けられます。
13 血圧脈波検査 2,200円 動脈硬化度を知る1つの指標となる検査です。両手と両足首4ヵ所の血圧を同時に測定し、血管の硬さや血管の詰まりなどを調べることができます。
不整脈のある方は実施できない場合があります。
14 脳ドック 17,600円  MRI装置(磁気共鳴断層撮影装置)により、将来
発症する恐れのある脳の病気を、自覚症状のない発症
前に見つけ予防に役立てようとする最も有効な検診です。

※上記料金は全て消費税10%を含んだ金額です。

   オプション検査と料金について   

人間ドック基本検査以外にご希望により次のような検査が追加実施(別途料金)できます。

6 C型肝炎検査 【1,296円】
血液検査によりC型肝炎ウイルスに対する抗体の有無をしらべ、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうか検査します。C型肝炎は肝硬変・肝がんへと進行する場合がありますので、一度検査されることをお勧めいたします。
※人間ドック初診の方は、標準検査(無料)として実施致します。
8 血圧脈波検査 【2,160円】
動脈硬化度を知る1つの指標となる検査です。両手と両足首4ヶ所の血圧を同時に測定し、わずかな時間で血管の硬さや血管の詰まりなどを調べることができます。