健診の種類 税率 総費用 協会けんぽの補助金 受診者又は事業所負担額
生活習慣病予防健診 8% 18,522円 11,484円 7,038円
10% 18,865円 11,696円 7,169円
乳がん検診《40歳代》
(マンモグラフィ2方向)
  
 8% 4,320円 3,024円  1,296円
 10% 4,400円 3,080円  1,320円
乳がん検診《50歳以上》
(マンモグラフィ1方向)
 
8% 3,348円 2,344円 1,004円
10% 3,410円 2,387円 1,023円
子宮頸がん検診  8% 3,400円 2,380円 1,020円
10% 3,463円 2,424円 1,039円
付加健診  8% 9,428円 4,714円 4,714円
10% 9,603円 4,801円 4,802円
肝炎ウイルス検査  8% 2,041円 1,429円 612円
10% 2,079円 1,455円 624円
全国健康保険協会(協会けんぽ)管掌健康保険加入者の皆様への
生活習慣病予防健診
20歳〜74歳までの被保険者本人の方は、子宮がん検査(子宮頸部細胞診)の補助が受けられます(当該年度内偶数年齢)

※上段は消費税8%、下段は消費税が10%へ変更された場合の金額です。

この健診は、事業主に義務づけられている定期健康診断の代わりになり、しかも経費も安いので、事業主の方で費用負担を積極的にすすめておられます。
従来、成人病健診といわれていたものです。生活習慣病といわれる高血圧症、高脂血症、糖尿病、肝機能異常等、様々な疾病を早期にチェックするとともに、生活習慣の改善をはかり、健康の回復又は維持増進を目的とする健診です。一般的には、人間ドックの検査項目の中より一部割愛して、所要経費及び時間の軽減をはかったことになり、そういう意味からすると、人間ドックの簡略型とも言えます。
40歳〜74歳までの被保険者本人の方は、乳がん検査(マンモグラフィー)の補助が受けられます(当該年度内偶数年齢)
健診費用の大半は協会けんぽから補助されますので、本人の負担はわずかになります。

35歳〜74歳までの被保険者の方が受けられます。
料金
全国健康保険協会管掌健康保険は、中小企業の従業員(パートを含む)が加入する健康保険で、全国健康保険協会(協会けんぽ)が管理運営致しております。協会けんぽが実施しています生活習慣病予防健診は、
生活習慣病予防健診検査項目
検査項目
貧血検査 赤血球数
白血球数
ヘモグロビン
ヘマトクリット
肝臓機能検査 GOT(AST)
GPT(ALT)
γ−GTP
ALP
腎機能検査 クレアチニン
尿酸
脂質代謝 総コレステロール
LDL-コレステロール
中性脂肪
HDL-コレステロール
乳がん検診
(マンモグラフィ)
対象:40歳以上
(本年度内、偶数年齢の方のみ)
子宮頸がん検診
(子宮頸部細胞診)
対象:36歳以上
(本年度内、偶数年齢の方のみ)
検査項目
診察 内科診察
指導 問診(健康相談)
計測 身長
体重
肥満度計算
腹囲測定
血圧測定
視力測定
聴力検査(オージオメーター)
尿検査 蛋白(定性)
潜血
糖尿病検査 空腹時血糖
呼吸器 胸部X線検査
消化器 食道・胃・十二指腸X線検査
循環器 心電図検査
便 免疫学的便潜血反応(2日法)