●第一には、個人の生活スタイルの改善を通した健康増進(health promotion)で、これには運動や栄養や喫煙、飲酒対策が含まれます。

●第二は、環境における危険因子の削減を目指す健康保護(health protection)があり、これには職場の安全や健康、環境保護などが含まれます。

●第三は、病気の発生予防を目指す疾病予防 (disease prevention)がありまして感染症予防や母子保健、循環器疾患の予防がこれに含まれています。

健康づくり
その1

健康とは単に病気でない、虚弱でないというのみならず、身体的、精神的そして社会的に完全に良好な状態をさす(WHO世界保健機構宣言)。
健康を実現するには、自分の健康の意味とあり方を知って、一人ひとりが主体的に取り組むことが最も大切です。

健康について

●病気の早期発見、早期治療、これを二次予防といいます。健診等における早期発見は元来、疾病発見(case finding)とリスク発見(risk finding)に分けられています。

●疾病発見においては、多数の対象者の中から少数の異常者を発見する為、効率と精度管理が重要であり、リスク発見では、発見した対象のリスクを低減していかねばならない為、追跡管理が重要となります。

健康づくり
その2